ウーマン

壊れたpcの復旧はデジタルのプロにお任せしよう

急な保存メディアの障害に

グラフ

データ復旧サービスでハードディスクやUSBメモリーの大切なデータを取り戻せます。データ復旧サービスはハードディスクの他にもさまざまな保存メディアに対応しています。年中無休で対応する業者も多く、ビジネスに支障を来すことなくデータ復旧が可能です。

もっと詳しく

ネットのサーバーを使う

ファイル

ファイルサーバを自社で設置するにはコストが高くなりがちです。このため現在ではより安価で安全性の高いクラウドによるファイルサーバが広く使われています。クラウドのファイルサーバであればインターネットに繋がる環境であればどこからでもアクセスできますし容量の増設も容易に行うことができます。

もっと詳しく

データ社会になっています

男の人

データ社会となっている現代では、非常に重要なデータをパソコンやサーバーに保存するケースが多くなっています。仮にパソコンやサーバーが故障をしてしまって、データが消えてしまっても、まずはデータ復元を行ってくれる企業に相談してみましょう。

もっと詳しく

データサルベージの方法

パソコン

データサルベージの注意点

大切なデータ―を失わないためにも、パソコンのデータ復旧作業の際にやってはいけないことを理解しておく事が大切です。具体的な症状や復旧手順を踏まえながら、もしもの時のために備えておくことが必要なのです。pcのトラブルで多いのが誤ってデータ―を消してしまう、ソフトウェア上のデータ消失か、もしくはパソコンを床の上に誤って落としてしまうなど、物理的に破損させてしまった場合の故障です。この時に重要なのが、もしデータ―が消失したらデータにアクセスする事をいったん止めることです。パソコンデータは、消去しただけならまだパソコン内部に存在しているので復旧することが可能です。パソコンの電源を切り、データを保守することが大切です。別のpcから情報を収集するようにしましょう。そして、データを復旧するためのソフトウェアか、専門技術を持つ業者へ依頼するようにしましょう。とにかくpcのデータの上書きをしないようにしましょう。

データサルベージの特徴

pcデータは、事前にバックアップを取っているのならデータを移動させるだけで復元できます。しかし、上書きしていない論理障害なら、フリーソフトや有料の復元ソフトを使って復旧させる必要があります。デバイスそのものが壊れてしまっている物理障害の場合は専門の業者さんに頼む必要があるわけですが、pcデータの復旧を行っている会社はたくさんあるので慎重に選ぶ必要があります。技術力のある優良な業者さんなら、復旧可能かどうかの診断をリスト化して、料金を事前に提供してくれるでしょう。そのリストから目的のデータに復旧依頼をすればいいのです。もし必要なデータがリストになければ、代金を請求されることはありません。なのでインターネットで比較しながら、慎重に業者さんを選びましょう。